12月に入って徐々にインフルエンザが流行ってきていますね(;´Д`)💦

インフルエンザワクチンの予防効果については前回のブログでお伝えしましたが、

今回はそれ以外の予防策についてお伝えしたいと思います📝・*

 

*その①『外出後の手洗い』

流水や石鹸でウイルスを洗い流すことでインフルエンザやその他の接触・飛沫を感染経路とする感染症の予防になります。

また、インフルエンザウイルスにはアルコール製剤での手指衛生も効果があるといわれています。

*その②『適切な湿度の保持』

空気の乾燥は、気道粘膜の防御機能を低下させるためインフルエンザにかかりやすくなるといわれています。

適切な湿度を保つ事が効果的とされています。

(適切な湿度は50~60%だそうですよ~)

*その③『十分な休養とバランスのとれた栄養摂取』

十分な休養とバランスのとれた食事は抵抗力を高める手助けをしてくれます。

年末年始は不摂生をしやすい時期ですが、気をつけたいですね。

*その④『人混みや繁華街への外出を控える』

インフルエンザは咳やくしゃみから感染する飛沫感染、ウイルスが付いた手指を介して感染する接触感染(電車のつり革など)が感染経路となります。

人が多く集まる場所ではマスクの着用や咳エチケットで感染を予防しましょう。

(厚生労働省ホームページ参照)

 

その②でも触れましたが、空気の乾燥って気になりますよね~💔

クリニックでは、乾燥への取り組みとして加湿器を設置しています⭐

昨年からは超音波加湿器を、今シーズンからはペーパー加湿器も仲間入りしました(^^)/♥

IMG_1736

IMG_1737

このペーパー加湿器ですが、コーヒーフィルターで簡単に作れてコンセント要らず🔌*゜

あまり場所も選ばずに置けそうです♪

 

この他にも日常に取り入れられる予防策があれば、ブログで紹介していきたいと思います(*^^)✊

では皆さん、よいお年を迎えて下さいね🎍・。*